UiPath Automation Cloudとは、UiPath社が提供するSaaS(Software as a Service)環境です。
管理ツールであるUiPath Orchestratorや、Automation Hubなどの各種サービスの管理、ライセンス管理などが行えます。
個人利用や、学習・検証用途で無償で使えるUiPath Studio Community Editionを使うにはAutomation Cloud for Communityへの登録が必要です。 まだ登録していない人は先にAutomation Cloudのアカウントを開設しましょう。

本記事では、UiPath Automation Cloudの組織設定について説明します。

UiPath Automation Cloudの組織とは

Automation Cloudでは、個人または企業単位で「組織」が割り当てられます。 「組織」は1つしか作成できずAutomation Cloudおよびそれに紐づくサービス全体での企業ロゴや、URLなどを設定することができます。

法人利用で、Enterpriseアカウントを払い出すためには、まず無償版のUiPath Automation Cloud for Communityを作成し、 作成した際のメールアドレス、URL、サポートIDを共有することで、Enterpriseアカウントが付与されます。

ではさっそくAutomation Cloudの組織設定 画面で確認してみましょう。

UiPath Automation Cloudの組織設定画面

ブラウザで、UiPath Automation Cloudにログインし、[管理] - [組織設定]を開きます。

pic1

本画面で、確認および変更が可能な項目は以下です。

項目名 説明
組織名 Automation Cloud登録時に指定した組織名が表示されています。会社名、グループ名、個人名などを指定します。
URL Automation Cloudに接続するためのログインURLを任意のURLに変更できます。ただしすでに接続しているクライアント端末がある場合、端末との接続が切断されますので、注意ください。(URL変更後、再接続することは可能です。)
言語 組織全体での言語設定を切り替えることができます。
企業ロゴ テーマに合わせて、企業ロゴを登録することができます。
サポートID Enterprise環境にアップグレートする際、カスタマーサポートに問合せする際に使用します。(閲覧のみ可能)

pic2

試しに以下の画像を企業ロゴに登録してみました。

pic3

画面上部のUiPath Automation Cloudの右側に表示されます。

pic4

UiPath Orchestratorでも同様に表示されますね。

pic5

組織設定については以上です。
次はAutomation Cloudのテナント設定について説明します。